タグ別アーカイブ: ベビーベッド

赤ちゃんはベビーベッドに!大人用ベッドで転落事故多発!!

このブログでは、気になるニュースや最新情報など、寝かしつけや睡眠にまつわるお話を随時お届けします。

今回は、ちょっと気になる赤ちゃんの事故のニュース。大人用のベッドで赤ちゃんと添い寝されている方に読んで頂きたい情報です。

「赤ちゃん、ベビーベッドに」ー大人用で転落事故多発ー

親子で添寝

大人用のベッドで、赤ちゃんと添い寝している家庭はかなり多いのではないでしょうか?

0~1歳の乳幼児大人用ベッドから転落する事故が多発しているそうです。

消費者庁によると、7年間で500件以上のに0歳児を寝かせたところ、目を離した間に壁とベッドの隙間に転落し、窒息していた。頭蓋骨骨折などの重傷を負った事故も19件あった。・・・

2017年11月10日付日本経済新聞より)

海外で添寝が危険視される背景には、肥満やドラッグの問題を抱えた方が多いという事情があります。就寝中に赤ちゃんの上に乗って窒息させてしまうリスクがあるから、添寝をさけよ、というわけです。

日本人はそのリスクは少ないものの、赤ちゃんの転落というリスクは依然あります。

では、何をどう気を付ければよいのか?

<対策>

消費者庁のアドバイスはこれです↓

1.寝室内に乳幼児の頭が挟まるような隙間をつくらない

今現在、大人用ベッドで赤ちゃんと添い寝している家庭への現実的なアドバイスはやはりこれ。ベッドと壁の間に隙間ができていないかまずは寝室で実際に確認してみて下さい。

もしかしたら、見た目にはたいした隙間があるように見えないかもしれませんが、赤ちゃんの頭がすっぽりはまってしまうような狭い隙間があるかもしれません。是非、念の為の確認を。

2.寝かしつけに大人用ベッドを使う際は子どもを一人にしない

次に現実的なアドバイスはこれです。ただしなかなか難しいかも・・。

3.満2歳になるまでは柵のついたベビーベッドに寝かせる!

ベビーベッドが物置と化してしまっている家庭も多いのでは?事故の例もあることを考慮して、ベビーベッドに寝かせるという選択肢も考えてみて下さい。

 

・・・というわけで、今回はベッドに関する事故についてでした。

安全の問題に加えて、ベビーベッドに寝かせると、ネントレもしやすくなります。添寝で寝かしつけに行き詰っている方は、是非トライしてみて下さい。

それでは、次回もネントレや睡眠に効く情報をお届けします!