カテゴリー別アーカイブ: ねんねトレーニング

ネントレ体験談-ネントレその後(2-3歳:ベビーベッドから子ども用ベッドへ)

ネントレ成功後、子ども部屋のそれぞれのベビーベッドで寝ていた双子。今回は、ネントレのその後は?というお話です。幼児期の子どもの寝場所について悩みをお持ちの方にも参考になればと思い、我が家の悪戦苦闘の体験をまとめてみました。
(ネントレ体験談についてはこちら→ネントレ体験談)。

ベッド青

ごくごく平均的な体格の二人(男女)、1~2歳頃に身体が大きくなってベビーベッドから抜け出しそうになってきました。そこで海外のサイトを参考に、2~3歳頃までにベビーベッドから卒業することに。

その後、紆余曲折を経てそれぞれの子ども用ベッドに寝場所が定着したのはちょうど3歳頃

ここでは、ベビーベッド→布団→大人のベッドで添寝、という試行錯誤を経て、最終的に→それぞれの子ども用ベッドにたどり着いた体験を、時系列でまとめました。

詳しくは下記をご覧ください。
******************************************************
<もくじ>
1. 布団で添い寝にトライ→×(2歳2カ月頃)
2. 大人のベッドで添い寝→×(2~3歳頃)
3. 子ども用ベッドへ(3歳頃)
3-1.子ども用ベッド設置1~7日目(1週間くらい)
3-2.子ども用ベッド設置1~2ヶ月後
3-3.子ども用ベッド設置3か月~1年後
*******************************************************

1. 布団で添い寝にトライ→×(2歳2カ月頃)

ネントレ成功後は睡眠リズムが整い、子どもの笑顔も増え、日々寝かしつけのストレスとは無縁。生活時間が予測でき、時間が計画的に使えるため育児が楽々に感じていました。しかしこのころ、海外のサイトで色々調べ、「そろそろ潮時かも・・」と覚悟を決めてベビーベッドを卒業することにしました。

どちらかが発熱して一緒に寝ることが頻繁にあった為、はじめは(やむなく)ベビーベッドのとなりに布団を2枚敷いて、親子3人で添い寝にトライ。この頃、トイレトレーニングを始めましたが全くうまくいかず、ベビーベッドから布団への移動もうまくいったとはいえませんでした。

そろそろ昼寝をしなくなってきた時期で、おまるやトイレでの格闘の後疲れ切って母だけ寝てしまうことがよくありました。昼間、気が付くとおもちゃやオマルが錯乱した布団で母一人爆睡。またある時は、布団の上に子どものおしっこの跡・・。気が付くと睡眠時間もバラバラで、早寝早起きの睡眠リズムとは程遠い状態です。暴れる双子に翻弄される毎日。もしかしたらこの頃が一番辛かったかもしれません。

2.大人のベッドで添い寝→×(2~3歳頃)

大人(父母)は普段子ども部屋の隣の寝室で、ベッドで就寝しています。試行錯誤中で子どもの寝場所が定まらなかった頃、布団では腰が痛くなってしまうので(マットを敷けば良かった?)、ツラくなると良くベッドへ避難していました。子どもは目が覚めると親を探して大人のベッドで一緒に就寝→朝、ベッド全体がおねしょでびしょびしょ、ということも良くありました。

子どもだけで眠るのが寂しいからと、最初から(寝かしつけから)一緒に大人のベッドで寝ていた時期もありました。

これでもよかったのですが、やはり本来二人のスペース(大人用のシングルベッド×2)に四人で寝るので睡眠が浅く、熟睡できません(親子ともに)。それに加えて、男児の頻繁なおねしょ。おねしょパッドを敷き詰めてはいましたが、動き回る男児のおねしょを毎回防ぐことは簡単ではありませんでした。

3.子ども用ベッドへ(3歳頃)

あまりに寝てくれない、オムツも外れない、ないない尽くしの状況で「何か他の方法を考えなければ・・」と焦っていたころ。たまたま行ったIKEA(イケア)で、とても可愛い子ども用ベッドを見つけました。
売り場に見に行ってみると、子どもがこのベッドの上で遊びたがり、その場をなかなか離れません。価格も手ごろだったので、失敗を覚悟しつつ購入してみることにしました。

ベッド青
簡単な作りのシンプルなベッドです。可愛い柄のシーツや布団カバーもセットで購入。布団ではなく、二人をそれぞれこの子ども用ベッドに寝かせることにしました。

ベッド白  ベッド青
↑ 男児用の青・女児用の白。セール中のため、各1万円程で購入。

(注)大人用ベッドの規格より一回り小さいため、専用のマットとリネン(ベッドパッド・シーツ)が売られています。

マットは専用のものを購入。リネンの洗い替えは、大人用のサイズの端を折りたたんで使えば代用できます(ボックスシーツは意外に高いので、長く使える大人用ベッドサイズのリネンをおススメします)。

 

ベッドとその横の壁にはお気に入りのシールを貼っても良い事にし、愛着を持たせるように。なるべく楽しい雰囲気を心がけました。

男児の壁  女児 壁

そしていよいよベビーベッド解体。同じ場所にそれぞれIKEAの子ども用ベッドを置きました。

3-1.子ども用ベッド設置1~7日目(1週間くらい)

大好きな、本の読み聞かせタイムの後、それぞれのベッドに寝かせます。が、一分とたたないうちにベッドを抜け出してしまいます。ファーバー式のネントレでは、「辛抱強くベッドに戻す」とあったので、消灯後とにかく「ここで寝るんだよ~」と言いながら数え切れない回数、ベッドに戻しました
ベッドで寝つくまで平均1~2時間。その間子どもたちはベッドの上に立ってみたり、ジャンプしてみたり。二人と私の根競べです。この頃、ほとんど毎日疲れて子ども部屋の床の上で寝ていました。

3-2.子ども用ベッド設置1~2ヶ月後

時には短時間でそれぞれのベッドで眠れるように。夜中に泣いて起き、ママのベッドに寝ることもありましたが、寝る場所は固定してきました。何より、何時間も子ども部屋で暗い中、待機する→ベッドに戻すという根気のいる作業はほとんど必要なくなりました。

3-3.子ども用ベッド設置3か月~1年後

自分のベッドが、本来の寝場所という認識が出来てきたようです。

寝場所についてあまり厳しく言い続けなかったためでしょうか。自分のベッドで寝る他に、時には大人のベッドでパパ・ママと一緒に寝たり。臨機応変に寝る(睡眠)時間を楽しめるようになってきたので、良しとしました。

 

・・というわけで、ネントレその後、いかがだったでしょうか。

ネントレ成功後、子どもの睡眠との格闘は続いています。

子どもに良い“睡眠習慣“というプレゼントをしたい、という思いは変わらず。

でも、実際の日々の生活は子どもとの”闘い”です。思い通りにいかないこともしばしば・・・。

今後も随時、その後の様子をお伝えしたいと思います。